痩身エステでよく使われる「遠赤外線ドーム」とは?どんな効果があるの?

MENU

痩身エステでよく使われる「遠赤外線ドーム」とは?どんな効果があるの?

痩身エステのコースメニューには、必ずと言って良いほど「体を温める」施術が入っています。

 

  • 遠赤外線ドーム
  • ヒートマット
  • サウナ

…などなど。

 

体が冷えやすい女性にとっては、体を温めることは「体温」と「代謝」を上げることにも繋がります。体温と代謝が高いと、体内の内臓器官が活発に動きます。

 

体の調子が総じて良くなるので、便秘の解消・肌のツヤ戻し…そして、痩せることも可能になるのです!代謝が上がると痩せやすい体質になるためです。

 

痩せることを目的とした痩身エステでは、効果を高めるために遠赤外線ドームを取り入れているのですね。

 

ただし、遠赤外線ドームなどの体を温める施術は、たっぷり10〜20分ほどかかります。

 

「熱すぎないの?」
「他のエステマシンを使う方がいい」
「放っておかれるだけで時間とお金がもったいない気がする…」

 

といった声も聞こえてきます。

 

痩身エステでの遠赤外線ドームの効果が分かれば、「痩せているんだぞ!」というモチベーションアップになりそうですよね。痩身エステで使われる遠赤外線ドームの効果、最後の方では自宅でも購入可能な遠赤外線ドームや使い方も紹介していきます。

 

遠赤外線ドームの外観は?

「ドーム」という名前から察するように、半円の山型をしています。体を頭を出してすっぽりとかぶさるような感じですね。

 

ネットで検索すると画像も出てくるのでイメージしやすいと思います。ドラム缶を半分に切ったようにも見えます(笑)。

 

内部は天井部分だけでなく、側面からも遠赤外線が照射されます。また、マイナスイオンを発生する機能が備わっているものもあり、リラックス効果が加わった物もあります。

 

スライドしてコンパクトに収納可能にもなっているので、収納もできるというのが最近の優れものです。だから、自宅でも遠赤外線ドームを楽しめるのですが、この話題はひとまず置いておきましょう。

 

ヒートマットなど、体に密着するものと違って手足がある程度動かせる分、閉塞感は薄れます。20分近く寝ているだけとはいえ、窮屈なのは嫌ですよね。

 

痩身エステで遠赤外線ドームを使う5つの効果

体を温めて発汗を促す遠赤外線ドームには、痩身エステで「痩せる」効果が5つあります。

 

毛穴からしっかりと汗をかいて痩せる!

外気温による体温調節や運動でかく汗は、エクリン腺から出る汗と考えられます。
これは皮膚の表面からであって、体内の老廃物を排出してはくれないようです。

 

これに対して、毛穴からしっかりとかく汗は、アポクリン腺からと考えられます。
このアポクリン腺は皮膚から深いところにあり、時間をかけてじっくり身体を温めないと開いてくれません。

 

毛穴が開けば、たまった皮脂や汚れを押し流してくれるというわけです。
そのために、ヒートマットが効果的なのですね。

 

しかも、じっくりと時間をかけることが必要です。10〜20分ぐらいは、効果を出すためにガマンガマンということです。

 

ちなみに、エステでかく汗は「べたべたして気持ちが悪い」という感想・口コミを聞きます。
実は管理人も痩身エステ経験があり、はりつくような汗の感触が嫌いでした(笑)。

 

毛穴が開いて老廃物が出ている証拠だったんですね!

 

運動後の爽快な汗とは違うようです。

 

遠赤外線ドームで書いた汗には尿素も含まれているのでお肌もすべすべになります。
美肌効果もあって嬉しいですね。

 

ちなみに、その頃の管理人はアポクリン腺なんて知らなかったので、ただただエステが不快…と思って止めてしまった残念な人間でした。理由を知れば納得!ですね。

 

血行が良くなり痩せる!

遠赤外線ドームが体内温度を上げてくれるので、体の血流も良くなります。血流が良くなると、血行やリンパの流れも良くなります。

 

肩こりなどの「こり」もリンパが滞っている証拠ですから、それらが解消されます。新陳代謝も活発になりますよ。血流が良くなることを狙って、リンパマッサージと組み合わせるサロンもありますね。

 

痩身エステサロンに限らず、マッサージなどのリラクゼーション目的サロンでも遠赤外線ドームは導入されています。

 

免疫力アップで痩せる!

体内温度が上がれば血行が良くなります。体の隅々まで酸素や栄養が行き渡りますね。体温が1度上がれば白血球の動きも活発になり、免疫力は通常の5倍ほどになると言われます。

 

逆に体温が下がれば白血球の動きが鈍くなるので免疫力も下がります。免疫力がアップすれば、健康体で痩せることができます。

 

体の柔軟性も上がって痩せる!

体内温度が上がり、血流や代謝が上がると、筋肉や脂肪も柔らかくなります。温めた粘土は柔らかくなりますよね。冷えた粘土はカチカチ…。

 

人間の体も温かくなれば柔らかく…冷えていれば凝り固まってしまいます。冷えがコリやむくみを引き起こすことは体験しているのではないでしょうか。

 

そして、柔らかい粘土の方が、奥まで力が届きますよね。「効果が伝わりやすい」のです。

 

最近のスポーツジムでも、柔軟性を上げるために遠赤外線ドームを導入しています。
柔軟性の他にも、先にお伝えした汗をかく効果も狙っていますよね!

 

カロリー消費で痩せる!

ダイエットの公式は、何と言っても「摂取カロリー<消費カロリー」です。なるべく健康的にカロリーを消費したいですよね。

 

遠赤外線ドームで横になっているだけで、有酸素運動をした時と同じ効果が得られます。有酸素運動は、ウォーキングやジョギングが思い浮かびますね。

 

遠赤外線ドームに寝ているだけでも、最高で500キロカロリー以上も消費すると言われます。寝ている時間や個人の体質によって消費カロリーに違いはありますが、なかなかの数値ですよね。

 

また、運動とは言っても、遠赤外線ドームで体力を消耗することはありません。遠赤外線ドームに入っている間は、血液内の酵素濃度は低くならず、乳酸値が高くならないためです。

 

カロリーが効果的に消費できる手軽な運動!とも呼べそうですね。

 

他の施術の効果を高めて痩せる!

遠赤外線ドームで体を温め、体内温度を上げることで、セルライトを溶かすこともできます。温めた後の施術で、さらにセルライトや脂肪にアプローチをかける(運動させる)ことで、効果が高まります。柔らかくなった体には「効果が伝わりやすい」とお伝えした通りです。

 

遠赤外線ドームとサウナはどこが違うの?

遠赤外線ドームで体を温めると、痩せる効果が非常に高いことが分かりました。ですが「温めるだけならサウナでもいいんじゃない?」という意見も出てきます。

 

どうして「寝るだけの遠赤外線ドームが良いのか」をお伝えしますね。

 

@横になっているので背筋が伸びます。背筋が伸びると心身ともにリラックスします。
A横になっているので重力の影響を受けず、血流が座っている時よりも3倍良くなります。
B血流が3倍良くなるので毛細血管の末端にまで栄養が行き渡ります。
(これに関しては、風邪をひいた横になって休むのが一番!と言われることの理由にもなっています)
C顔を出すことができるので長時間入ることができ、常に新鮮な酸素を取り込むことができます。
D顔を出すことができるので「頭寒足熱」の原則が守られます。
(ずかんそくねつ:頭を冷やし、足を暖めること。よく眠れ、健康によいという意味)

 

普通のサウナは、100度近い高温です。急激に血圧が上昇する恐れがあります(高血圧な方はサウナを控えましょう!)。しかし、遠赤外線ドーム内は約25〜45度とそれほど高温にならず、寝ているので心臓に負担もかかりません。

 

また、自律神経が乱れがちな方もサウナはおススメしません。

 

個室で何人とも同席したら窮屈さも感じますよね。それに、通常のサウナには長時間入ることは無理です。すると、汗は皮膚の表面であるエクリン腺からしか出ません。

 

サウナの温熱効果は、体の表面を温めるだけです。それに対して、遠赤外線ドームは体の内側から温めることが可能なのです。かなり違いが見つかりましたね。サウナよりも遠赤外線ドームを見つけて入ってしましましょう(笑)。

 

【参考】遠赤外線ドームを取り入れている痩身エステサロン

 

  • ヴィトゥレ(ドームサウナ)
  • フェイバリックス(遠赤外線ドーム)
  • エルセーヌ(遠赤外線ドーム)

 

※キレイサローネとヴィトゥレで使用の「ドームサウナ」も頭部は出しているので安心です。

 

他にも痩身エステサロンは数多くありますが、これまでの遠赤外線ドームの効果を知れば、取り入れている痩身エステサロンで施術を受けてみたいですね。

 

遠赤外線ドームに入る時の注意点

痩身エステやマッサージサロンなど、店舗で使用している場合は事前に注意事項を教えてくれると思いますが、個人で利用したい時のために、また、より安全に利用するために注意点を書いておきます。

 

やけどをしないように!

 

遠赤外線ドームは25〜45度と極端に高くはありませんが、間違った使い方をしたらやけどの危険もあります。熱いと感じたら調節してもらいましょう。低温やけどの可能性もでてきます。

 

温度の感じ方には個人差がありますから、決して我慢をしないでください。

 

脱水には要注意!

 

サロンによっては、遠赤外線ドームの施術前に水分(常温から温かい飲み物)を摂るように勧めてくれるかもしれませんが、痩身エステ中は水分を控えるサロンもあります。施術前でも後でも、水分を摂れる場合はしっかりと水分を摂ってください。

 

遠赤外線ドームでは、多いと500ミリリットルもの汗(老廃物)をかきます。想像以上の汗をかきますから、脱水症状にならないように注意が必要です。

 

汗をかいた後は吸収しやすくなっています。この時に糖分入りのジュースなどを飲んでは台無しだということは覚えておいてください。

 

水にしましょう!水です!

 

疲労感や倦怠感が出たら安静に!

 

遠赤外線ドームで汗をかくことは、有酸素運動と同じだと先に書きました。一般的には疲れないと言っても、中には疲労感を感じる方もいるかもしれません。

 

疲れ方も個人差がありますが、疲労感や倦怠感がひどい時には、無理をせずその後に体を休めましょう。痩身エステでの施術中であれば、スタッフに不調を遠慮なく告げてください。

 

安静にすれば回復も早いですから安心してください。遠赤外線ドームだけに限らず、痩身エステの施術後はゆっくりと過ごすと良いでしょう。
(軽い運動であれば痩せる効果を高めます♪)

 

遠赤外線ドームを施術に取り入れている痩身エステサロンの体験メニュー紹介

 

遠赤外線ドームの効果も分かってきました。

 

「実際に遠赤外線ドームを体験したい!」

 

そんな方のために、遠赤外線ドームを利用している痩身エステサロンのお得な体験をご紹介します。

 

※体を温める施術は同じですが、純粋に遠赤外線ドーム利用のエステサロンを取り上げました。

 

※体験は随時更新されていきます。2017年9月現在のデータですので、詳しくは公式サイトでご確認ください。

 

ヴィトゥレ

 

「オーダーメイドエステメニュー」

 

・体験料金:3,000円
・時間:60分
・内容:@EMS
    ARF(ラジオ派)
    Bドームサウナ
    Cハンドマッサージ
    上記@〜Cで体質と希望に合わせてカスタマイズ+キャビテーション

 

痩身エステサロンの「ヴィトゥレ」はお客様満足度90%以上と好印象の痩身エステサロンです。乗り換えてくるお客さんも多いそうです。(脱毛部門に関しては乗り換えで割引もあるぐらいです)

 

1日でも早く結果を出してほしい、という企業理念のもと、キャビテーションが必ず施術に組まれています。そして、個人の体質や希望(目標)に合わせて自由にメニューを組んでいきます。

 

自由度も高く、痩せるためのアプローチが色々とできそうですよね!料金も「施術内容から比べると圧倒的に安い」です。

 

キャビテーションを安く利用したい方にはヴィトゥレはおススメです。

 

フェイバリックス

 

「セルライト撃退コース」

 

・体験料金:3,000円(税込)
・時間:60分
・内容:@ラジオ派
    A遠赤外線ドーム
    Bハンドマッサージ
    CEMS

 

「1回のお試しでも結果が出る」と言われるフェイバリックスの体験です。フェイバリックスは全国に展開している痩身エステサロン(グループ)で完全女性専用なのも安心ですね。

 

料金は「平均的・相場並み」と言えます。そうはいっても、痩身エステはお金のかかるサービスなので、相場でも1万円以上は覚悟してください。

 

結果を重視したい方におススメの痩身エステサロンです。

 

体験コースはやってみたい!
けど「エステは勧誘がしつこい」噂を聞くとなかなか体験にも行きづらい…。

 

そんな方には「勧誘された時の上手な断り方」が書いてあるページもおススメです

http://www.safestartcenter.org/kireisalone/invitation.html

 

自宅でも仕える!おススメの遠赤外線ドーム

ドラム缶半分もの大きさを自宅で!
となると、少々置き場に困りますので…まずは置き場を確保することも頭に入れてくださいね。
ベッドや布団の上に置きっぱなしというのも手です。(電気を入れなければただの置物ですから…)

 

これはおススメ!と言える家庭でも利用可能の遠赤外線ドームは「スマーティ」です。
(株)フジカが販売をしていて、バージョンがいくつかあります。

 

ベーシックは「スマーティF4-A5」
税込で「356,400円」です。

 

一生もので使うのであれば、意外と高くありません。フジカ認定店では2年保証もついています。
(参考サイト:http://www.arrow8.jp/smarty_s/

 

コンパクトで、効果は欲しいけど安いもの!という方には「シェイプドーム」というのもあります。
「税込75,384円」は10万円を切っているのでお得と言えそうですね。

 

痩身エステに通うお金がなく、通うのも面倒だけど、代謝アップなどをしてみたい!そんな方のためのお手軽遠赤外線ドームです。一人分寝袋…という印象を受けなくもありません(笑)。
(参考サイト:https://item.rakuten.co.jp/ciflab/929314/?l2-id=pdt_overview_stext&s-id=pdt_overview_stext#929314

 

まとめ〜遠赤外線ドームで体を温めることは痩せるためにも大事ですね

ダイエットを成功させて痩せるためには、体内を温めて代謝を良くすることが重要になってくることがお分かりいただけたかと思います。痩身エステで遠赤外線ドームを使って体を温めることは、最新の吸引マシンやらマッサージマシンの効果を高めるためにも必要なことなのです。

 

もちろん、普段から体を温めようと努力することも良いことです。食事には生姜や根菜類を取り入れることも確かに体を温めて代謝を高めてくれます。運動も良いでしょう。有酸素運動は代謝を高めてくれます。

 

でも…毎日とはなかなかいきませんよね。

 

食事もそうですが、運動も夏ならまだしも冬場などはなかなか温まってくれません。

 

その点、ヒートマットは寝ているだけで体の深い部分まで温まります。

 

お財布に余裕があれば、自宅でも施術可能です。遠赤外線ドームでは、デトックス効果も期待できます。多くの痩身エステサロンで使用されている遠赤外線ドームですが、施術効果を高めるためにも必要なんですね。

 

どのような施術の組み合わせかは、実際に痩身エステサロンで体験を受けなければ分かりませんが、自分で「気持ち良い」と納得できるメニューが一番です。

 

遠赤外線ドームは効果的でも他の施術がおざなりであったり、スタッフの対応がイマイチなんていうサロンの雰囲気も影響してしまいます。高いお金を払って痩身エステサロンを利用するのであれば、通いたくなるサロンが一番ですよ♪

 

そうして、痩身エステでの力も借りつつ、日常の生活習慣・食事の習慣なども見直していくとさらに効果的です。何倍にも効果が重なって、痩せたい・ダイエットしたい!気持ちに結果で答えてくれるでしょう。

 

痩せやすい体質作りのためにも、体を温めることから始めてみませんか。