ハイフ(HIFU)の効果は?副作用は?最強の痩せるマシン!

MENU

ハイフとは?

痩身エステサロンには、色々なメニューがありますね。

 

マッサージぐらいなら(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪分かる!と思います。

 

これが、EMS・キャビテーション・エンダモロジー…となると、(?_?)(?_?)(?_?)となることもあるでしょう。
大丈夫です。管理人もはてな状態から詳しくなりました。

 

痩せたい!希望を叶えるには、効果的に痩せたいですよね。
痩身効果が高いと評判の「ハイフ」を紹介します。

 

まず、ハイフとは何でしょうか?

 

ハイフ(HIFU)とは「High Intensity Focused Ultrasound」の略です。
「高密度焦点式超音波」技術のことです。

 

例えると、虫メガネを使って、太陽の光を一点に集めて火をつけた…という実験をしたことはありませんか?
ハイフは、表面皮膚を傷つけずに、特殊なレンズで超音波を一点集中させることで加熱することが可能なのです。

 

ハイフ技術は、医療分野でも活躍しています。
身体を傷つけずにがん細胞だけを壊死させるアプローチが可能になるので、前立腺がんや子宮筋腫などの治療に用いられています。

 

痩せたい!綺麗になりたい!
そのためには余分な脂肪とサヨナラしたいですよね。

 

そうした「余分な皮下脂肪」にも肌を傷つけずに作用してくれる効果を狙い、美容痩身用のハイフが登場しました。
現在、痩身エステや美容クリニックでは「切らずに脂肪吸引できる」と話題の施術が「ハイフ」なのです。

 

ハイフは他のエステマシンとどう違うの?

痩身エステ業界では、痩身マシンによって効果が左右されると言います。
最新機器や効果の高いマシンを使用すると料金は高くなりますが、エステを受ける価値があると言えるでしょう。

 

エステマシンも日々技術向上していますよ。

 

それでは、冒頭に出てきたエステマシンの効果を紹介しながら、ハイフとの違いを見ていきましょう。

 

EMSとは

⇒「Electrical Muscle Stimulation」の略で、低周波による電気刺激の施術です。
電気刺激を直接筋肉に与えることで、筋肉を動かしてくれます。

 

市販の「シックスパッド」はご存知ですか?
サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手がお腹に貼ってCMしているのですが、アレです。

 

もしくは、整骨院に行くとペタペタとシールを貼られ、電気を流して治療する、アレです。
「寝ているだけでも運動できる!」という売り文句なんですね。

 

筋肉運動をさせてくれるので、医療やスポーツ分野でのトレーニングなどに取り入れられましたが、現在では痩身エステでも大活躍です。
痛みもなく疲れない、効率の良い筋トレを行えます。
ハイフは皮下脂肪へのアプローチですから機能的に似た部分はありませんが、組み合わせて使えば痩身効果が高まり、身体がキュッと引き締まりそうですね。

 

キャビテーションとは

キャビテーションという言葉自体は、地質学・液体力学の話で「なんのこっちゃ」ですので、省きますね。

 

痩身エステにおける大事な作用は、超音波を脂肪にあてることで脂肪を溶かしながら、細胞内の気泡がはじける力で脂肪細胞を壊す。
これがキャビテーションの仕組みと得られる効果です。

 

超音波を使って脂肪にアプローチする点ではハイフと同じです。
キャビテーションも日本で使われるようになったのは2013年頃ですから、比較的新しい痩身技術です。

 

キャビテーションも「切らない脂肪吸引」と呼ばれているので、ハイフとほぼ同じ扱いです。
ただ、違いは明確にあります。

 

キャビテーションの特徴は「肌表面の0.5センチメートル程度の浅いエリアに、広範囲に伝わる」ことです。
つまり、皮下脂肪の深い部分にはアプローチできません。

 

対してハイフは「深さ1〜2センチメートル(設定可能)に超音波を集中させ、ピンポイントで伝わる」ことです。
つまり、皮下脂肪に直接アプローチして脂肪を分解するには、ハイフが有効だということになります。

 

キャビテーションも全く働かないというわけではなく、身体が温まって溶けやすくなった脂肪を、他の施術と組み合わせて体外に排出させようとすれば痩身効果も期待できます。
ですから、キャビテーションも痩身エステでは広く使われています。

 

エンダモロジーとは

エンダモスーツと呼ばれる全身タイツのようなものを着て、ローラーで揉んで吸引する美容マシンです。

 

セルライトのように凝り固まった脂肪に刺激(マッサージ効果)を与え、血液やリンパの流れを改善します。
脂肪を柔らかくし、セルライトやむくみを解消する効果が期待できます。

 

ハイフやキャビテーションなどの脂肪を分解するアプローチとは異なりますね。
また、即効性ではなく、他の施術と組み合わせて長い目での変化・体質改善を狙うのが基本のようです。

 

ですが、への引き締め効果やたるみの克服も期待できるのでフェイシャルエステでも大活躍しています。
身体中の代謝を上げて健康で痩せやすい体質に生まれ変わりたい方は体験してみても良いですね。

 

家庭用では15万円ほどしますが、モデルや芸能人の間では必須アイテムとなっているそうです。

 

ここまで他の痩身マシンと比べてみましたが、ハイフの脂肪に対する直接的な威力はすごい!!ですね。
他のマシンも、それぞれに効果があるので、複数の施術を組み合わせて痩身エステを行うと良いことも分かったのではないでしょうか。

 

ハイフは深い部分まで届くということは、顔(フェイシャル)には使えないの???

いいえ、使えます。
小顔やリフトアップ、むくみの解消や美肌効果が期待できますよ♪

 

前項で、ハイフを使用の場合は「深さ(設定可能)」と書きました。
なので、顔の脂肪にもアプローチは可能です。

 

二重あごやたるみなどに効果的です。
また、適度な熱を与えることでハイフの後はコラーゲンも生成されてお肌はツルツルになります!

 

ハイフを使った顔への嬉しい効果も多いですね。

 

ハイフの料金は?興味が出てきたけど…ショット数で値段が違うの?

ハイフの魅力と効果を紹介してきました。

 

「痩身エステでハイフを受けてみたい!…でも、最新マシンってことはお金が高いんじゃない?」

 

という疑問が出てきそうですね。
痩身エステは「高い」ですから、ハイフを使った施術がどのぐらいするのか、気になりますね。

 

痩身エステも、ご紹介してきたように、マシンやサービスによって様々です。
なので一概には言えませんが、相場としては「60分の施術で15,000円ぐらい」です。

 

これよりも高いところもありますし、安いところもあります。
「このぐらいはかかる」という参考にしてくださいね。

 

さて、ハイフですが、実際にハイフ施術を行っているエステサロンで比べてみましょう。
ちなみに、ハイフと一口に言っても、マシンは様々です。

 

「どんな機種を使っているか」も分かる範囲でお伝えしますが、マシンによって料金も変わることはご承知ください。

 

また、ハイフは「ショット数」での料金計算も多いのですが「1プッシュで30ショット」のようになっています。
出力の調整は各サロンによりますが、1プッシュでのショット数が多ければ威力は高いといえそうです。

 

bloom(ブルーム)

首都圏を中心に9店舗のみの展開ですが、最新の痩身マシンを使う施術で話題になっています。
ハイフに関しては「ウルトラハイフ(ボディ専用)」「ディーフォーカスPro」の2種類があります。

 

・ウルトラハイフ
「2箇所セットプラン」/60分/1,000ショット/35,000円(税抜き)
⇒ハイフの中でも比較的安価に受けられるマシンでの提供です。
範囲は手のひら2枚分ぐらい。ピンポイントのショットを何回するかで料金も影響してきそうですね。

 

・ディーフォーカスPro
「しっかり2箇所セットプラン」/80分/16,000ショット/64,000円(税抜き)
⇒ウルトラハイフよりも上位マシンで痩身効果も高いとされています。頑固なセルライトの解消におススメです。2箇所といっても、手のひらサイズではなく、お腹・二の腕・ヒップなど、身体の部分で受けられます。

 

ブルームの料金は高いの?支払い方法はどうなっているの?

 

LALAKU(ララク)

東日本を中心に展開している「安くハイフエステ(施術)が受けられる」と話題の痩身エステサロンです。
ハイフを使っているといっても、どの程度か分かりませんが「1プッシュ30ショットの威力のマシン」と宣伝しています。

 

・「太ももスリムプラン」/10,800円
⇒施術部位は「両太もも 表、両太もも 裏(ヒップライン含む)」と広範囲です。
普通に痩身エステを受けると考えただけでも、両足の太ももでこの料金は休めですね。

 

近隣の皮膚科クリニックとも提携しているので、そちらでの医療痩身も可能なようです。

 

パレッティア銀座

その名の通り、銀座にあるハイフ痩身専門店です。
銀座限定ですが、比較のために登場させました。

 

・「HIFUコース」/2,000ショット(追加可能)/25,000円
⇒気になる部位に集中してハイフを使ってくれます。部分的なハイフ使いで、ヒートマットとリンパマッサージもついています。

 

こうしてみていくと、ハイフというだけでも料金に差があります。
しかし、他の痩身マシン(キャビテーションなど)よりも高めな料金設定ですね。

 

多くの痩身エステサロンではハイフの体験メニューもありますので、気になったら試してみる!というのもアリですね。

 

ハイフ体験がお得にできる痩身エステサロンはある?

はい!前項でご紹介したブルームが、サービスの質と体験のお得さでおススメです。
首都圏だけの店舗展開ですが、都内にお住いの方・お勤めの方は使いやすいと思います。

 

全国でハイフ施術のサロンを探したい時には「ハイフ 痩身エステ」で検索です!
(痩身エステと入れないと、かなりの数でフェイシャル専門店が出てきてしまいます)

 

ブルームは「医療関係者が選ぶ、安全で効果のあるダイエットサロン」第1位にも選ばれている信頼のおけるサロンです。
※2016年3月、楽天リサーチによる調査結果

 

・「最大12回体験!Bloom痩身お任せプラン」
⇒エンダモロジー、キャビテーション、サーモシェイプ、ウルトラハイフの大人気4メニューを好きにアレンジできます。
⇒150分×3回11,500円(最大12回!4メニュー×3回出来ます)※税抜き

 

参考例

  1. 初回カウンセリング(30分)
  2. キャビテーション・プラチナム(20分):気になる部位を1箇所
  3. ウルトラハイフ500ショット(20分)・気になる部位を1箇所
  4. エンダモロジー・ブラックライン(45分):全身
  5. サーモシェイプDeep(30分):気になる部位を1箇所

 

最新マシンでの痩身エステがたっぷりと体験できます!

 

ブルームでは、体験は2〜3回可能な場合が多く、1回では効果が分からない場合にも利用できて良いですね。
女性は、ホルモンバランスの影響によっても、痩せやすい時期、痩せにくい時期があります。

 

痩身エステの予約を取るのも思い通りにいかない場合があるので、体験回数が複数回あるのは非常に魅力的です。
また、最新のマシンを導入しているブルームですから、試すだけでも価値がある!と言えそうです。

 

この体験(プラン)だけでも痩せた!結果が期待できそうですね。

 

ブルームの公式サイトから申し込みが可能ですが、スタッフの手が空いている時には、チャットできる機能がついています。
ポップアップするので、もしも疑問や事前の不安があれば遠慮なくしてしまいましょう!

 

チャットだと気が楽ですよね。
スタッフが忙しい時にはチャット機能はポップアップしません。

 

現代人はチャットに慣れていますから、なかなか気の利いたサービスですよね♪

 

ハイフに副作用はあるの?…信頼できるサロンを選ぼう

ここまでハイフの魅力をたっぷりと説明してきました。
皮下脂肪へのアプローチ、脂肪を分解し、体外への自然な排出…その結果、痩せる・あるいは美肌への効果が期待できること。

 

痩身エステでも導入しているのだから「大丈夫!」と思いたいですよね。

 

ですが、痩身の期待値も高いですが、副作用にも気を付けなければなりません。
国民生活センターには、以下のような「ハイフによるトラブル」が報告されています。

 

  • 熱傷になった
  • 神経の一部を損傷した
  • 顔にブツブツができた
  • 1回で効果があると広告にあったのに何鵜も効果がなかった…など

(国民生活センター:http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20170302_1.html)

 

ハイフは、もともと医療器具として開発され使用されています。
ですから「医師資格のないエステティシャン等が行うことは禁じられています」というのが本当の所です。

 

ハイフの効果に期待して、安全で安心に使いたいのであれば、美容クリニックで受けることをおススメします。
(料金は痩身エステに比べてぐんと高くなります)

 

では、痩身エステでのハイフには効果が全くないのでしょうか。
ハイフを使うこと自体が違法なのでしょうか。

 

そんなことはありません。
副作用の報告もありますが、個人の体質や感じ方にも差があります。

 

また、痩身エステで使われているハイフは「美容機器」として、出力が医療用よりもかなり抑えられています。
サロンによってどのレベルで施術を行うかによって違いはありますが、がんの治療もできるレベルで痩身エステでも使うわけはないのです。

 

ですが「効果があった」報告も数多いのが事実です。

 

不安があれば、そもそもハイフを使わない施術が良いでしょう。
ハイフを体験したい気持ちがあれば、信頼のおけるサロンを選ぶことです。

 

不安や疑問をサロンにぶつけ、明確な回答を受けることも大事です。
(明確な回答ができないサロンであれば力不足だと分かりますよね)

 

メリットが大きければ、デメリットもある。
心得ておきましょう。

 

副作用はハイフに限らず、キャビテーションにも「胃腸の調子が悪くなる」「肝臓に負担を与える」などなど…言われます。
痩身マシンを使わずにオールハンドの痩身エステがあり、好まれるのもこうした話があるからかもしれません。

 

自然に痩せられたら一番良いですよね。
ですが、助けてくれる・効果を何倍にも引き出してくれるマシンを使えるのであれば、自分で選んでいきましょう。

 

ハイフの口コミ

※ハイフを受けたことがある方に当サイトでインタビューしました

 

@30代・女性
自宅近くのエステサロンでハイフ体験があったので申し込んでみました。ハイフの施術は、身体にずしっとくるような感触はありましたが、我慢できない痛みや不快感とまではいきませんでした。何も感じないというわけにはいかないと思いますが、基本は寝ているだけなので大丈夫だと思います。私には、ハンドマッサージの方が贅肉をぎゅーっと掴まれるので痛いぐらいでした(笑)。下腹がベルトの上に乗ってしまうのがみっともなかったのですが、体験後はそれが少し少なくなっていた(痩せた?)ように感じました。継続しないとハッキリした効果は出ないそうです。時間とお金に余裕ができたらエステサロンも通ってみたいです。

 

A40代・女性
ハイフで足のセルライトをとりたくて体験してみました。だんだんと熱くなっていく感じがしました。でも、マシンだから熱くなるものかな〜ぐらいです。ポカポカしていくと思えば平気でした。太もも周りが1.5センチ減ったのが嬉しかったです。肌がつやつやしたのもWで嬉しかった!

 

B30代・女性
全身の痩身体験の中にハイフも含まれていました。ハイフの効果が高かったのか、全体の相乗効果なのか、エステが終わると汗をかいてスッキリ、身体も軽く感じました。体重が2キロ減ったこと、ハイフは下腹にお願いしたのですが、タプタプ感が(笑)なくなっていました。体験だけでも効果が出たな〜という感じです。勧誘も今はしつこくないですね。都度払いのサロンだったので、気に入ったらまた来てくださいという終わり方でした。自分では納得の効果だったので、ご褒美的にまた来てみたいと思えました。
しつこいエステサロンの勧誘を断るコツはこちらの記事へ

 

ハイフの仕組み・効果の高さ・痩身エステサロンでの体験や副作用(デメリット)に至るまで細かくお伝えしてきました。

 

痩せてキレイになりたい!

 

女性の希望、もとい、あなたの希望を叶えるサロンと巡り合ってくださいね。