エステサロンの体験モニターを活用してみよう!

MENU

エステサロンの体験モニターを活用してみよう!

痩身エステに通う前に、事前にできることはありますか?

 

 

数多くある痩身エステの中で、自分にあったエステを探すことは大切です。そのためには、できるだけそれぞれの痩身エステの具体的なメニューを知り、選択して行くことが必要となります。痩身エステを選ぶ際にはいくつかのポイントがあります。

 

はじめに、足とか、お腹とか、痩せたいと考えている部位が、自分の中ではっきりしているのであれば、その部分に特化したメニューを探してみましょう。気になる部位を選択してカスタマイズできるエステもあります。ニーズに合ったサロンを探しましょう。

 

次に、資金にゆとりがあり、全国どこでも通えますという方はまれだと思いますので、自分が無理なく通える立地のサロンを選ぶのもポイントです。特に都心部以外では、県内に1店舗あるかどうかという系列店もありますので、行ってみようかと考えているサロンが、通える立地にあるかどうかも確認しておきましょう。

 

さらに、検討しているエステに体験モニターがあるかどうかも確認しましょう。希望に沿っていて、立地の点でも問題がないのであれば、まずは、体験モニターで自分に合っているか確認することができます。実際に通い始めるとまとまったお金を支払うことになりますから、モニターとしてまず体験してみるのはとても重要なポイントになります。

 

 

 

エステサロンの体験モニターを活用してみよう!

 

エステサロンのモニター体験には、一般的に、一部割引と完全無料の2つのパターンがあります。この完全無料の場合、例えば、長期的なプランで時間をかけてエステ体験を行う場合には、40万円といった高額な費用を全額負担してもらえる可能性もあるため、上手に利用すれば非常にお得です。

 

一部割引負担の場合にも、通常の割引価格に比べれば、かなりお得な価格でエステを体験することができます。ちょっとお金がという方でもモニター体験を活用することができます。

 

体験モニターで、最も募集が多いのは痩身ダイエットです。コンテスト方式のモニターもあります。痩身ダイエットでは、キャビテーションマシンを使った施術などによって、体重の減量などを目指します。コンテスト方式の場合は、無料でエステ体験が行えるだけではなく、優秀者に対しては、賞金が用意されていることもあり、モチベーションアップにつながってゆきます。

 

では、そもそもなぜエステサロンはモニター体験の募集を行なうのでしょうか。エステサロン側にメリットが何もないなら、そもそもこのような企画はないことでしょう。もちろん、エステサロン側にもメリットがあるわけです。

 

まず、実際の施術により、利用前と利用後の肌やボディの変化の様子を広告や宣伝で活用することができます。モニターの方の利用前、利用後の写真や施術結果の数値などを宣伝できます。また、モニターの方からのアンケートから、施術技術や接客面での課題を把握し、会社として技術の向上を図ったり、スタッフを教育することもできます。新しい技術を導入した場合には、とりわけ多数の方に体験していただいて、新たなサービスメニューを構築して行くこともできます。

 

 

 

 

エステのモニターになるための条件のようなものはあるのでしょうか。条件はサロンごとに異なります。募集枠を超える応募があった場合には抽選になることもあるようです。一般的な条件として、感想や結果などのレポートの提出が必要となります。そして、モニターが始まってから終わるまでエステサロンに通うことも条件の一つとなります。

 

エステのモニター体験を利用するためには、モニターを募集しているエステサロンを探す必要があります。期間や人数が限られている場合もありますので、申込みができるのかどうか情報を確認します。

 

希望するモニター体験に募集したなら、選ばれるかどうか、結果を待ちます。選ばれたなら、詳しい来店日などの詳細情報が知らされます。無事にモニター契約を結ぶことができたなら、カウンセリングを受けたり、サイズの測定など、施術前チェックが行なわれてゆきます。サロンによっては、施術前の状態を写真撮影する所もありますので、それが難しいなら、写真撮影がないことを、応募前に確認するようにしましょう。

 

一般的に、モニター体験が始まると、施術中や施術後にレポートやアンケートを提出する必要があります。

 

モニター体験は確かにお得です。数十万円もの費用がかかるサービスが完全無料になることがあるのです。しかも、モニター期間中に使用する目的で、化粧品などをもらえることもあります。一方、モニター期間中は必ずエステに通わなければなりません。条件を満たさないとモニターになることはできないからです。

 

それゆえ、ご家族の了解が得られない場合や、仕事の調整がつかない場合には、通わなければならない責任との狭間で苦しむことにもなり得ます。長い期間に渡るモニターであれば、なおさらです。

 

そこで、体験モニターに募集する前には、応募条件などをしっかり確認し、自分のライフスタイルに合ったモニターを体験してみましょう。