痩身エステの料金体系は様々です!

MENU

痩身エステの料金体系は様々です!

痩身エステの料金体系は様々です!

 

 

痩身エステというと、とにかく料金が高いというイメージを持たれているかもしれません。でも、通い方を工夫すれば、そこそこお安く通うこともできるようになります。最近では、エステもすっかり定着してきており、若い人から年配の方、そして男性もエステを利用するようになってきました。

 

サービスは向上し、料金もそれなりに安くなってきています。しかしながら、エステサロンごとに料金体系は色々あります。

 

分け方にもよりますが、支払い方法は、大きくわけると、コース料金になっているケース、一度の利用ごとに支払うケース、月額制になっているケースに分けることができます。他にも、施術以外にかかるものとして、家でのケアのために用いる化粧品代や入会金などがあります。

 

コース料金になっている場合と一度の利用ごとに支払うケースについてはじめに考えましょう。どのコースも大体150,000円から300,000円位の料金になるかと思います。さらに、割引サービスを活用できる場合もあります。

 

一方、痩身エステの1回の施術は大体15,000円から40,000円位です。そして、1回の施術の場合、一般的にはその通常価格を支払うことになりますので、割引サービスを活用できる機会は限られると思います。コース料金の場合にはそれなりの回数通うことになりますので、やはり一度ごとに支払いをする場合の費用を同じ回数何度も支払った場合の合計費用よりはお安くなっているようです。

 

コース料金は、一般的に初めの段階で支払いますので、その高額さに驚くかもしれませんが、トータルとしては、結局はお得になるということです。

 

さらに、月額制になっているケースについて考えましょう。この料金体系は、まだあまり広まってはいないかもしれません。一般的には月額10,000円から30,000円ほど払って、月に2回から3回ほど通う体系になります。都市部などでは、月額制を採用しているところがあるようです。

 

入会金については、サロンによってかかるところとかからないところがあります。入会金がかかるサロンでは、大体30,000円位かかるようです。一応、この入会金もとりわけておくことができるかもしれません。

 

費用をとにかく安くおさめたい場合、エステサロンによってはモニター体験を実施しているところがあります。完全無料のモニターもあり、何十万円といった高額な費用を全額負担してもらえる場合や、一部割引負担という形で、通常の割引価格に比べれば、かなりお得な価格でモニター体験することができる場合もあります。

 

しかしながら、モニター体験の場合には、一般的に、始まると、施術中や施術後にレポートやアンケートを提出する必要があります。そして、モニター期間中は必ずエステに通わなければなりません。条件を満たさないとモニターになることはできないからです。それゆえ、ご家族の了解が得られない場合や、仕事の調整がつかない場合には、通わなければならない責任との狭間で苦しむことにもなり得ます。

 

そのため、忙しい生活を送っている場合などには、痩身エステの体験割引サービスを検討してみることもできるかもしれません。多くのエステサロンでは初回限定のサービスで、体験モニター価格に匹敵するほどのリーズナブルな費用で体験割引サービスを用意しています。そのサービスを利用させていただくというわけです。そのようにして、気軽に、責任のようなものに縛られることなく本格的なエステを体験することもできます。

 

 

料金の違いはなぜ生じるのでしょうか?

 

料金の違いはなぜ生じるのでしょうか?例えば、1回の施術で63万円もかかるような場合もあるようです。一方、初回お試しで70分980円といった場合もあります。なぜエステ間でこんなに料金の差が出るのでしょうか。

 

これが全てではありませんが、設備費や広告費も影響していると考えられます。例えば、都心の好立地に個室や立派なパウダールーム、最新機器を備えたサロンであれば、かなりの設備費がかかっていることでしょう。また、大手サロンでは、広告に女優さんやモデルさんを用いている場合もあります。

 

確かに認知度は上がりますが、広告費はかなりの額になることでしょう。このような費用が施術料金にも影響を及ぼし、高くなる場合もあります。

 

ただし、施術料金が高いところの方がサービスの質が良いというわけでは必ずしもありません。個人で経営しているサロンなどでは、質のより高いサービスを提供するために、広告費を削り、料金設定をお安くしているサロンもあるからです。

 

痩身エステの満足度は、本人が何を希望し、何を重視しているかによって、人によって異なる部分もありますので、料金表示でサービスの質を決めてしまうのではなく、まずは体験割引サービスなどを活用してみて、自分に合ったサービスが提供されているかどうか、確認してみるのが良いでしょう。